大学院改革推進センター大学院改革推進センター

大学院改革推進センターは大学院学生に対する共通教育、キャリア形成支援及び
学修・研究専念環境整備に関する全学的な取組の企画・立案及び調整等を行います。

Twitter

大学院共通科目とは

東北大学大学院では、あらゆる境界を越え、創造的で活力のある研究者・高度専門人材を育成するため、
深い教養の涵養、現代的社会課題の学修、移転可能スキルの修得を図ることを目的として、
令和4年度から「大学院共通科目」を開設しています。

令和5年度開講 大学院共通科目

科目名単位数対象課程
知的財産セミナー 2修士課程
融合領域研究合同講義 2修士課程
大学教授法開発論 2博士課程
学際研究特別講義Ⅰ~II 各1博士課程
学際研究特別研修I~Ⅳ 各1博士課程
学際フロンティア特別研修 1博士課程
博士リテラシーの基礎 2博士課程
博士インターンシップ研修 1~2博士課程
再生可能エネルギー・バイオマス循環 2修士・博士課程
多文化理解PBL特別演習 2修士・博士課程
キャリア・スキル開発特別演習 2修士・博士課程
グローバル・コミュニケーション協働演習 2修士・博士課程
国際教育演習 2修士・博士課程
教養教育院特別講義A 2修士・博士課程
教養教育院特別講義B 2修士・博士課程
教養教育院特別演習 2修士・博士課程

シラバス検索

各授業科目のシラバスは、下記から確認してください。

1.学務情報システムのシラバス検索 【※教員連絡先の記載あり】

(東北大IDによるログイン必要)

学務情報システムから検索

2.東北大学シラバス全文検索システム(QuickSyllabus) 【※教員連絡先は未記載】

(東北大IDによるログイン不要)

QuickSyllabusから検索

 
3.大学院共通科目シラバス概要一覧

大学院共通科目シラバス概要一覧(PDF)

大学院共通科目開講科目表

各授業科目の授業日程、履修登録方法などは、下記から確認してください。

大学院共通科目開講科目表 (PDF)_R5.5.23更新


【Googleクラスルームを使用する科目について】
 クラスコードは「備考」に記載しています。
 東北大学のDCメールアカウントでのみ閲覧可能です。
 個人のアカウントからアクセス権をリクエストしないこと。

履修の手引き

大学院共通科目の受講にあたっては、下記の手引きを確認してください。

大学院共通科目履修の手引き (PDF)

【履修取消の届出について(令和5年度第2学期)】
履修取消を希望する学生は,授業担当教員にメールし承認を得たうえで,下記期限までに「履修取消届出フォーム」に入力してください。
なお、届出があった科目の評価は一旦「D」となり、3月中旬頃を目途に最終的な評価「E(取消)」に変更されます(履修登録は削除されません)。この届出を行わず、授業に出席しない等の理由により単位修得を認められない場合の評価は「D(履修を放棄したもの)」となりますので、注意してください。

履修取消届出フォーム 届出期限:10月31日(火)17時まで

※本学のDCメールアカウントでログインしてください。
※教員からの履修取消承認メールの写しを添付してください。

【成績発表について(令和5年度第2学期)】
令和5年度第2学期「大学院共通科目」の成績は令和6年2月15日(木)までに発表予定です。
2月15日(木)以降、各自「学務情報システム」の「成績照会」画面で確認してください。
※成績に関する申し出
当該学期の成績評価に疑問がある場合、学生は、成績発表から所定の期間内(2週間以内)に限り、教務課への申し出により、成績評価について授業担当教員から説明を受けることができます。⇒申し出の方法はこちら

授業アンケート

資格

参考:東北大学大学院共通科目規程

   大学院共通科目の成績評価等の取り扱いについて

研究科横断科目

大学院生に対する共通性の高い科目の履修機会拡大のため、大学院共通科目と同様に
各研究科で開講する科目で、共通性が高く他研究科学生の履修を推奨する科目を
「研究科横断科目」として取りまとめました。

研究科横断科目開講科目表

各授業科目の授業日程などは、下記から確認してください。
なお、原則、学生から授業担当教員への事前の受講許可は不要です。
ただし、開講科目表やシラバスを確認し、定員がある場合など、事前申込の指示がある 場合には、その指示に従ってください。

研究科横断科目開講科目表(PDF)_R5.6.16更新


                   ※No.43~No.45追加

研究科横断科目シラバス

各授業科目のシラバスは、下記から確認してください。

研究科横断科目シラバス一覧(PDF)_R5.6.16更新

                   ※No.43~No.45追加

ページトップへ